TOP > 畳の張替えをする前に > 畳の張替えのタイミングと費用相場とは

畳の張替えのタイミングと費用相場とは

 畳は汚れが染みついて来たり、表面が剥がれてボロボロになったりするため、定期的に張替えをする必要があります。
自宅に畳があるなら、是非張替えのタイミングを理解しておきたいですね。
使われ方にもよりますし、畳の質にもよりますが、一般的には寿命は5~10年と言われています。
ただ、畳がたくさんある家なら全部をいっぺんに張り替えると費用的にも大変ですし、タイミングをずらして部分的に変えて行くのが一般的でしょう。
張替えを考えるなら、畳の傷み具合をよくチェックすることが大切です。
また、張替え方によって費用も異なります。
一言に畳と言っても様々な種類がありますし、いぐさが基本的な素材ですが、いぐさ自体にも様々な品種があります。
最近日本ではいぐさが採れなくなってきたため違う素材を利用したものも多くなって来ました。
替えるなら素材に関しても知っておきたいですね。

 それでは実際に、交換が必要な状態というのはどういうものなのかご説明しましょう。
まず畳の表面がささくれてしまっている場合は、交換が必須となります。
これは見た目や質感の問題でもありますが、一番は湿気が中へ入りやすくなり、劣化が加速することです。
程度にもよりますが、1度起こると修復は難しいので、張替えたほうが良いでしょう。
肌に刺さると危険でもあります。
次に、カビやダニの発生は早急な交換を必要とします。
皮膚にかぶれやかゆみが出ますが、喘息などの症状が出る危険もあります。
放置すれば増殖し、いずれ家自体への深刻なダメージにもなりかねません。
また、すでに歩いた時に沈み込んだり、床鳴りがしたりする場合は躯体まで劣化している可能性がありますので、家の補修まで検討が必要となります。

 気になるのは張替え相場ですが、一般的に1回の張替えにかかる費用相場は3~10万円程度と言われています。
もちろん状況によって変動しますが、どのような施工が行われるのか知っておきましょう。
一般的に表裏のない畳は両面使用が可能なので、裏返しという技術があります。
これはそのまま裏返すのではなく、表面を裏面へ付け直す張替えの技法を指します。
裏返しは1度しか行うことができませんが、費用相場は1畳3500円程度となります。
これに対して表替えは畳表の交換を指します。
芯材がまだ使える場合に行われるもので、畳表だけを替えることで新品同様にすることができます。
素材にもよりますが、費用相場は1畳5000~11000万円程度でしょう。
そして芯材も寿命だという場合は、すべて新しくすることになります。
素材にもよりますが、1畳10000~30000円が相場ですので、こちらが一番の出費となりますね。
使えるものは最後まで使い切りながら、快適に暮らせるようにしましょう。

次の記事へ